美容鍼灸

  • ほうれい線やしわ、頬のたるみが気になる

  • くすみ、クマが気になる

  • 顔の印象を明るくしたい

  • 目をぱっちりさせたい

  • 乾燥、またはテカリなどの肌質を改善したい

  • 今の素肌ケアでは物足りない

  • 10年後の素肌に自信を持ちたい

ss1quality_policy_image_01DSC_5203 

料金表

トータル施術 はり+温灸(首部・肩部・頭部・顔面部) 5,000円
部分施術 はりのみ(主に顔面部・頭部) 1,500円~

施術詳細

妊娠中の方へ


妊娠初期の施術

つわりや肩こり・全身倦怠など

・主治医の先生とご相談の上ご来院して頂くと安心です。

・ほぐし中心の施術で必要があれば温灸を行います。

施術詳細

  • 施術時間:15~30分

  • 施術料金:初診料1,500円 施術料1,500円から2,000円 鍼灸 1,000円から2,000円


 

妊娠中期以降の施術

肩こりや腰痛・坐骨神経痛・むくみなど

安産の為の身体づくり

・症状にあわせて「はり」「きゅう」を用いた施術をいたします。

施術詳細

  • 施術時間:15~30分

  • 施術料金:上記と同様


 

逆子について

・当院では産婦人科さんからの紹介にて施術をする方もいらっしゃいます。安心してご来院下さい。

・逆子の施術は28週から35週にかけて行っております。32週までに開始することをお勧めしています。

・自宅でできるお灸指導もおこなっております。

・お灸(温灸)の販売もしております。 例 30個/500円

141080

施術詳細

  • 施術時間:20分

  • 施術料金:初診時3,000円 2回目以降1,500円

  • 施術頻度:週1~3回(妊娠週数によります)

はり・きゅう施術にあたって

building_harikyuu

当院では、安心・安全の鍼(はり)灸(きゅう)施術を心がけております。

その為、初診施術の際には鍼(はり)灸(きゅう)施術に関するインフォームドコンセントを行い、施術同意書への署名をお願いしております。

お手数をお掛け致しますがご協力のほどよろしくお願いいたします。

鍼(はり)

あおい_263

当院では、すべて消毒済みの使い捨ての鍼(ディスポーザブル鍼)を使用しています。 太さや長さは施術する部位や目的に合わせ選択します。太さは各種ありますが、ほとんどが髪の毛ほどの太さで、痛みを感じることはほとんどありません。 患部に的確にアプローチし、痛みや違和感を和らげます。

施術後はなるべく安静にお過ごし下さい。入浴は問題ありませんが長湯はお控え下さい。

その他、施術に関するご不明な点などございましたらお気軽にご相談下さい。

灸(きゅう)

あおい_113

当院では、皮膚にヤケドを起こさない様に注意し施術を行っております。

もぐさを米粒の半分ほどの大きさ(半米粒大)にひねり、 お灸用シールを貼った上にきゅうを乗せて線香で火をつける「知熱灸」と、やんわりと熱さを感じ心地の良い一般的な「温灸」、「棒灸」を行っております。

鍼灸適応症

一般的に「はり・きゅう」というと、肩こりや腰痛にと思われがちですが、その適応症は多岐にわたります。 以下に挙げる適応症は、WHO(世界保健機関)によって、鍼灸療法の有効性を認められた疾患です。

神経系疾患

自律神経失調症  心身症  不眠症  頭痛  眩暈(めまい)  肩こり  神経痛  神経麻痺 痙攣  神経症  ノイローゼ  ヒステリー  脳卒中後遺症

運動器系疾患

関節炎  関節症  頸肩腕症候群  肩関節周囲炎(五十肩)  関節リウマチ 筋・筋膜炎(筋肉リウマチ)  頸筋強直  むちうち症  捻挫  腱鞘炎  腰痛症 外傷の後遺症 打撲痛  寝ちがい

循環器系疾患

心悸亢進(心臓神経症)  高血圧症  低血圧症  動脈硬化症  動悸  息切れ

消火器系疾患

口内炎  舌炎  歯痛  胃腸炎  胃アトニー  胃下垂症  胃酸過多症  胆石症 肝機能障害  下痢  便秘  痔疾患  肝炎  十二指腸潰瘍

呼吸器系疾患

風邪  咳嗽  風邪の予防  鼻炎  扁桃炎  咽頭炎  喉頭炎  気管支炎  気管支喘息

泌尿器系疾患

ネフローゼ症候群  腎・尿路結石  膀胱炎  尿道炎  前立腺肥大症  陰萎症  遺精 性機能障害

内分泌系疾患

尿崩症  バセドウ病  糖尿病

新陳代謝疾患

貧血  脚気  痛風

皮膚科疾患

皮膚炎  蕁麻疹  ヘルペス  肝斑(しみ)  円形脱毛症

産婦人科疾患

生理痛  月経不順  不妊症  冷え性  更年期障害  妊娠悪姐(つわり)  胎位異常(逆子) 乳腺炎  乳汁分泌不全

小児科疾患

疳虫  夜啼症  夜尿症  自家中毒症  小児喘息  虚弱体質

眼科疾患

眼瞼緑炎(ただれめ)  麦粒腫(ものもらい)  結膜炎  フリクテン  眼精疲労  仮性近視 弱視  涙管炎

耳鼻科疾患

耳鳴り  難聴  メニエール病  中耳炎  鼻炎  鼻出血(はなぢ)  副鼻腔炎(蓄膿症)

上記以外にも、鍼灸が効果的な疾患があります。お気軽にご相談ください。