接骨

スポーツ外傷

はじめに

当院では、スポーツによるケガの施術に力を入れています。

初診時

1問診表にできるだけ詳しくケガの受傷状況をご記入ください。

2問診と触診を行ったあと、必要であれば超音波画像診断装置(エコー)を用いて詳しく診ていきます。その際、骨折や脱臼等が存在した場合、提携する整形外科への紹介をいたします。

3ケガの程度・施術計画・競技復帰までのおおよその期間などを説明いたします。

応急処置

もし不幸にもケガをしてしまった場合の応急処置をご紹介します。

R.I.C.E療法

R:Rest(安静)

競技を中止しましょう。

I:Ice(冷却)

氷やアイスパックで冷やしましょう。(低音やけどに注意)

C:Compression(圧迫)

包帯やテーピングで圧迫固定しましょう。(締めすぎに注意)

E:Elevation(拳上)

患部を心臓より上にしましょう。

競技別事例

野球

野球肩・野球肘・腰の痛み・股関節の痛み・肉離れ・指の骨折 等

サッカー

腰、股関節の痛み・膝の痛み(靭帯損傷、靭帯炎、半月板損傷、オスグッド病)・肉離れ・足関節捻挫・下腿骨骨折 等

陸上

腰、臀部、股関節の痛み・肉離れ・膝の痛み(靭帯損傷、半月板損傷)・腸脛靭帯炎・シンスプリント・モートン病・踵骨骨棘形成・足底筋膜炎・足関節捻挫 等

テニス

テニス肘・肩関節の痛み・肉離れ・急性腰痛・膝の痛み・アキレス腱損傷、断裂、炎症 等

ゴルフ

腰、股関節の痛み・ゴルフ肘・手指の痛み・肋骨骨折・膝の痛み 等

バレエ

腰、股関節の痛み・肉離れ・膝の痛み・足関節捻挫 等

その他、上記以外にも様々な症例を施術しています。

小学生から社会人まで、幅広い層の競技者の方が来院しています。

競技者のレベルや年齢などを考慮し施術を進めていきますので、要望や不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。